釣り日誌

ユーロスタイルカープフィッシング

2019年06月

2019.06.30.Sun

気にしすぎ?!

梅雨の時期らしい毎日で、釣りはお休み。

で、ヒマつぶしにユーチューブを見ているのだが、

エブリィバンにピッタリ?の格安タープを付けてみた!

逆L字型にタープを張る、という方法を見つけた。

ただし、タープを張ろうとする場所は、

anauma7498.jpg

クルマからガケまで3メートルくらいしかない。
ポールを立てると、ロープはガケの途中に引っ張ることになり、その状態で果たして役に立つのかなというのと、いまひとつ、逆L字型にタープを張ると、日陰作りにはなるが、湖の景色が、まるで見えないことにならないか・・・

やっぱり、雄大な湖の景色は見ていたいし・・・と、悩むところ。

それと、前回の釣行ではっきりしたが、とにかく、釣れない。
景色はよくても釣れないとなると、ガソリン高いし、長距離を走っていって、仮に平地より数度、気温は低くても、
「行ってもなぁ・・」

あと、思いつくのは御母衣湖だが、どうも、今年も満水状態で、駐車場所さえなさそう、となると、半分、いや、7分3分くらいで、この夏は、釣りお休みにしようかな、状態。

財政状態もあるし。

といえば、

ピロヤン50歳無職の日常

お財布事情を公開してらして、自分と同じ一人暮らしでもあるらしいので、時折、見ているのだが、まぁ、自分よりはるかに優雅なお財布事情なのがうらやましいのはともかく、食事がほとんど、外食とコンビニ弁当?!

となると気になるのが、
「野菜不足」

この辺、どうなの。

と、みていたら、ここの、

【ただの】農業YouTuberバー。51歳無職の日常19年6月22日~23日【記録】

4:00過ぎ辺りから、目からうろこの発言が飛び出して、

はっ

そうなんだ。(^∇^)

強迫観念にとらわれてばかりいないで、楽しく、おいしく、食事をいただこう、と思った次第。

スポンサーサイト
2019.06.26.Wed

釣り日誌

25日(火曜日)〜26日(水曜日)。九頭竜湖穴馬神社前公園の対岸。ほぼ、晴れ。

吸盤フックが届くのを待って、勇んで出発。しかし、すぐに、ボイリーを積み忘れたのに気づき、引き返す羽目になった。
30分くらいもムダにしただろうか、気はせくが、スピードを出しすぎて、事故とか違反で捕まっては元も子もないので、急ぎながらも慎重に走って、油坂峠手前に到着したのが、午後3時ころだったか。

aburasaka7594.jpg

工事のため、高架上に止められてしまう。

自分は、高所恐怖症なのだ。
こんな高いところに止められて、無事でいられるハズがない。血の気がなくなり、顔が青ざめ、いまにも気絶しそう。
異変に、旗振りのガードマンも気がついたのか、なんか、心配そう。。。。
「通って良し」
の合図と共に、猛ダッシュ!!

小学校の卒業文集を読むと、同級の男子生徒全員が、遠足に行ったときの異変について書いているのを思い出した。
どこかのデパートの屋上に、遊園地があって、自分だけが、ジェットコースターに乗らず、女子と一緒のコーヒーカップだかなんだかに乗った、とかいうのが書いてあるのだが、いまでも笑ってしまう。

高いところ、キライ!!

ともかく、午後3時半すぎくらいに、穴馬神社前公園の対岸に到着し、例によって草刈りから始めた。
釣り開始、午後4時半頃。

午後11時20分、アラーム。
午後11時40分、アラーム。

26日午前2時過ぎ、アラーム。
 同  午前4時頃、アラーム。

反応はあったが、一度もハリ掛かりせず。

anauma7586.jpg

駐車場所からみた釣り座。

anauma7587.jpg

釣り座からみた水面。

ハトのエサ系の撒き餌をすると、ワラワラとウグイだかニゴイだか、フナだか、あるいはブラックバスだかの、とにかく大きくない魚影がキラキラ、水中で光るのだが、鯉らしき姿は、1尾も確認できなかった。

その後、午前11時まで粘ったが、アラームは沈黙したまま。

ついに、見切りをつけて、野尻橋の下へ移動。

anauma7589.jpg

昔、よく駐車した場所だが、最近は草深くなって、うかつに停められずにいたけれども、スグ近くで大々的に工事をしており、まさか、
「こんなときにクマが出没することはあるまい、特に、昼間は」

で、水面まで10メートルか、もっとあるかもしれないのに、仕掛けを投下。

anauma7590.jpg

もしも釣れたら、こりゃエライこっちゃ、なのだが、ここも、小型の魚影ばかりで、鯉がいる様子はなかったし、腰が痛くなってきたので、午後2時前、打ち切った。
2019.06.23.Sun

次回釣行に向けて

カーサイドタープを張るのに、クルマ側の取り付けに問題があったので、新しく、それらしき物を注文した。

taco7582.jpg

画像、左の、 光 KTC-2 [真空吸盤フック「スーパータコ」白] 送料込み296円。(ヨドバシ.com)
2個、注文したのだが、在庫が1個しかなかったらしく、残りは後日、ということのようだ。
なんか、あんまり、儲かってなさそうな注文ばかりで、申し訳無い、この頃。

画像、右は、ラインアライナ 10個入り360円 × 2=720円。 (アマゾン経由)

なお、4月26日に注文したものの、あれから2ヵ月近くたっても、到着しそうにない

alignas.jpg

30個入り 333円の代物は、発送したとのことで、キャンセルは無理かもと思ったが、一応、やってみたところ、キャンセルされ、返金もしてくるようだ。
もし、届けば、お値打ちなので、よかったのに、ちょっと残念。


さて、不足分のフックが届いてから、ということになるが、次回釣行に向けて、タープの張り方の勉強をした。

ひとつは、ロープの張り方。

ロープの長さを変えられる 

自在結び

と、そもそも、ロープの張り方を間違えているようだ。

今さら聞けないタープの張り方

を読み進めていくと
「ペグはタープのそれぞれの角と直線上に打つ」
というコーナーがあって、それでいくと、

kuzuryu7576.jpg

たいして考えもしないでやったことだが、これはバツ!。

tarp7576.jpg

黄色い線で示した張り方でやると、タープの弛みもなく、見た目も、ピシッと締まるらしい。というのを学んだ。
(^∇^)

まぁ、前回は、とりあえず、タープが張れるかどうかを試したのと、クルマに取り付けるフックの強度に問題があって、しっかり張れなかったから、ああいうことになった、という言い訳をしておいて。

梅雨の晴れ間とはいえ、暑くなったし、ひところに比べれば、まぁ、まぁ、マシな歩き方ができるようになったが、いまだ、本当でなく、まれに、腰がくだけそうになるのは、困ったもので、
「あせらず、騒がず」

ですだ。

2019.06.19.Wed

釣り日誌

19日(水曜日)。長良川、新幹線鉄橋下流部右岸。薄曇り。

降水確率 40パーセント。雷雨があるかもしれないという予報だったが、ドぴーかんよりはマシ、ということで、出かけた。

現地到着は午前6時。予想通り、草深く、まずは草刈りから始めたが、電動草刈り機のバッテリーを使い切っても、まだ終わらない状態に、あちこち、綺麗にするのはやめて、釣り座周辺のみの清掃だけにして、釣りの準備をした。

hashima7569.jpg

午前8時、開始。
左は通常のボイリー。右は、プラスチックボール仕掛け(ボールリグ)。

午前8時15分、左の竿にアタリ。
スポンブで4発、撒き餌をしたその真ん中あたりに入れた仕掛けに喰ってきた。

carp7568.jpg

80センチはあるだろうというくらいの抵抗をみせたが、計ってみると68センチ。
いきなり来たので、うれしいというか、あとが続かない可能性があり、さて、どうなるか、という不安もあり、の1尾だった。

午前11時15分、右の竿にアタリ。ボールリグ仕掛けに来たのでうれしかったが、

nigoi7573.jpg

残念、立派ではあったが、ニゴイだった。
画像は、弱っているところではなく、なんとか、ボールリグを撮影しようとしたもの。

が、これではよく分からないので、実物を。

rig7575.jpg

セーフテイに超遠投オモリ。そしてボールリグ。(*^_^*)

すでに結果は出ているので、釣れると分かっていたが、ニゴイとはいえ、これはうれしい。

で、もう1本の、通常ボイリー仕掛けを上げてみると、ボイリーは無くなっていた。この竿は流れの早い場所にはいないハズで、可能な限り遠投しておいたヤツなので、カメかなんかにかじられてエサが無くなっているのは、意外ではあった。
ともあれ、エサがなくなっては釣りにならないので、こちらも、ボールリグに変更しておいた。
2019.06.18.Tue

木陰で涼む

老齢なんだろうな。若ければ、とっくに直っているだろう背中の打ち身が、まだ、回復しないでいる。
寝込むと、なんだか、そのまま寝たきりになりそうで・・出来れば釣りに出たいと思っていて、そのための準備に余念が無いこの頃。

tarp7426.jpg

新幹線鉄橋下流部右岸や、

tarp7497.jpg

九頭竜湖岸の木陰で、いつもだと、パラソルにイス、なのだが、今年は、パラソルではなく、タープにしてみたくなった。

なので、仁淀川酒乱会 鯉心 さんに、そのあたりの極意を尋ねたところ、300円強でオッケイだとのこと。
この情報をもとに検索したら、

100円タープがイカす!すぐに実践できるブルーシート10の活用術

ぉおっ、なんとかなりそうだ。\(^o^)/

なのだが、よく見ると、ブルーシートの下って、青くない?
「もの皆、青く見えるのより、普通に見えるのがよい」
と思い、しかし、お値打ちであるだろう、

tarp7560.jpg

シルバー ブラックシート 1.8m×2.7m 501円

を取り寄せた。

あと、付属品になるところの

tarp7561.jpg

ロープ クレモナロープ3ッ打 3φ×20m 336円
スチールペグ 23cm 4本組       440円

をヨドバシ.com で購入。

ポールの安いのを探したが、見つからず、鯉心 さんのように、竹をその辺でかっぱらって(!)くることも考えたが、背中の痛みが増幅するといけないので、泣く泣く断念。

近くのホームセンターで、

tarp7564.jpg

丸棒 15ミリ 長さ182センチ 2本 合計896円(1本448円)

と、不安一杯だが、

tarp7566.jpg

吸盤フック  2個入り 308円  も買ってきた。
これをクルマの屋根、もしくは、ガラスに取り付け、もう一方にポールを立てて、タープにする予定なのだが、吸盤フックが、たよりない感じ・・・

ちょっと風が吹いただけで、外れてしまいそうだ。

風といえば、パラソルは、強い風が吹くと、ワイングラスみたいになってしまうのと、陰になる面積があまり広くないという問題があるんだな。

テントも、一応はあるけれども、思ったほど涼しくないし、なにより、窮屈。
もちろん、カネにいとめはつけず、めっちゃでっかいのにすれば、そんな心配はないのだろうが、そこまでやるこっちゃないし。

実用面積 1.5 × 2.5メートルあれば、毛虫や、鳥のフンの落下もかなり防げるハズと思うのだが・・・


 
2019.06.16.Sun

絡み防止と遠投と

この記事の参考サイト。

NG-CARP 「これで解決!?仕掛け絡み対策!!」 鯉釣り

カープロッドでの遠投に大切なこと③

「仕掛けの絡み防止と遠投に効果がある」
となれば、試して見る価値はある、という訳で、早速、関連部品を購入した。

leaders7550.jpg

弾丸パック 20号        397円
KORDA リードコアリーダーG 1,150 円   (いずれもヨドバシ.com)

後述するが、このリードコアリーダーには、自分的にちょっと問題があり、本当はFOXのが欲しかった。が、取り寄せということなので、それまで待てない、という事情があったのだった。

で、取り扱い説明書。

leaders7551.jpg

わははは。カタカナばっか。

理解しようとすると、この段階で挫折するので、面倒なことは省略。要するに、

leaders7552.jpg

こうなる、と。
あとは、ハリを取り付けるだけなのだが、

leaders7553.jpg

この部品が一体成形で、取り外し困難の模様。

leaders7554.jpg

リングではなく、ハリの取り付け、取り外しが容易な、クイックチェンジスイベル(画像、上)に取り替えたいのだが、どうやら、不可能みたいなのだ。(FOXのだと、もしかするとこの問題はないかもしれない)

仕方がないので、ハリ側にクイックチェンジスイベルを取り付けることにして、そうなると、邪魔(?)になる、リングをペンチで切り取った。

leaders7555.jpg

3セットで1,150円もするとなると、そう、お気楽に分解できないので、これで我慢するとして、思わぬ出費も強いられることになった。



2019.06.11.Tue

自宅で転倒 (>_<)

釣り場で転倒したり転落しないよう、充分に気をつけていたのに、まさか、自宅でコケるとは・・

4〜5日前、パソコンデスクを押す感じで、イスを滑らそうとしたところ、キャスターの気分が悪かったのか、滑ってくれず、体の方が泳いでいってしまって、見事、仰向けにひっくり返ってしまった。

そこにあったのが、5.1chのスピーカー。その上に落ちたため、L字型のアザが、胃の後ろ、肋骨と骨盤の間の、ちょうど隙間に出来上がり、直後は、しばらく悶絶。(背骨に当たらなくてよかった)

映画なんかで、ヒーローが、格闘のあと、なにも無かったように振る舞うが、ありゃ、ウソだな、と、当たり前の感想をもらしたり・・・

いまも、実は痛いが、身体的なものより、心理的なショックの方が強くて。

というのも、知り合いに、ちょっとした事故、自転車に乗っていて、後ろからコツンッ、クルマにぶつけられただけで転倒、ケガらしいケガもなく、医者も、体に問題ない、というのに、立てなくなってしまった人がいる。

その状態が理解できなかったが、いまは、なんとなく、分かるね。

外は、梅雨の晴れ間。

普通だったら、近場へ釣りに行っているのに、もっか、そんなことで、出かける気にならず。

寝たり起きたり、と、しっかり、寝たきり介護老人路線まっしぐらちゅう・・・
2019.06.04.Tue

釣り日誌

場荒れを避ける意味で、釣り場を変更した。といっても、まぁ、いつもの場所といえばそうなるが・・

4日(火曜日)。九頭竜湖、穴馬神社前公園の対岸。晴れ。

午前5時過ぎ、到着。

kuzuryu7541.jpg

水が抜かれた蝶の湖。九頭竜湖は、良い感じの水位なのだが、クルマからの距離が遠すぎる釣り座となるので、泣く泣く、穴馬神社前公園の対岸に入った。

釣り開始、午前6時。

anauma7544.jpg

公園側の山は大々的に切り崩し中。重機のバックする音が、なんとなくバイトアラームの音に似ていて、落ち着かない。

午前8時。2時間過ぎたので、エサ替えをするつもりだったが、もう少し待ってみることにする。

45分後、アラーム。
20センチくらいのかわいいニゴイがかかった。

このところ、九頭竜湖は、ものすごく不調なので、今回は、これで終わりかもしれないと思い、カメラにおさめることにしたところ、

nigoi7543.jpg

ちょっと見づらいが、ニゴイより一回り小さいブラックバスがちょっかいを出してきた。
縄張り荒らしを追い出しにかかったのかも。(^∇^)

3時間弱でアタリが出たので、次のエサ替えを正午に設定。
しかし、何ごとも無く、昼食時に、なんか起きないかなぁ・・という期待も裏切られ、
「いきなり釣れたあと、バッタリ、途絶えるのは、ポイントが間違っている」
説を採用。

2本のうち、1本をそれまでより更に深い場所に、残りの竿をそれまでより5メートルほど岸に寄せてみた。

アタリが遠いので、果たしてコイはいるのかを確認するため、

anauma7547.jpg

浅瀬にボイリーを撒いて観察、開始。

と、まさかのアラーム!!

70センチ級のスリムな、いかにも、九頭竜湖産といったコイを岸に寄せることができて、小躍りしながらカメラを取って戻ってくると・・・

このあたりの石というか、岩というか、丸くないからなぁ・・ちょっと暴れるだけで、スリ切れるんだろうなぁ・・

残念だったが、まぁ、仕方が無い。
「ポイント変更作戦は成功した」
ということで、納得することにした。

一応、夜釣りというか、車中泊の準備もしてきたのだが、大々的に工事をやっているにも関わらず、夜は、めっちゃ怖いので、やめて帰ってきた。

というのは、前回、この場所で車中泊をしたのだが、そのとき、夜中に車外に出たところ、なんか、光る目に気付いていて、今回、その辺りを見に行ったところ、肉片のついた動物の毛皮を発見。

工事をやっているので、その音や振動に驚き、動物は近くにいないだろうと思っていたけれども、そうでもないみたい。
それと、ガケですな。
夜中のアラームに、寝ぼけ眼でクルマから出て行って、ガケで足を滑らし、骨折、なんてなったら目も当てられない、というコト。

一応、釣れたし。\(^o^)/

ムキになってやることはナイです、ハイ。
2019.06.03.Mon

怪魚ハンターが行く! 

怪魚ハンターが行く! 新作。

怪魚ハンターが行く!知られざるアメリカ 大自然に潜む巨大魚


前回の アマゾン 2 は、自分的に、ちょっと期待外れで、どちらかといえば、魚類学者向きで、釣り番組としては、? だったけれども、今度は期待出来そう。\(^o^)/

しかし、やっぱ、釣り人だったら、誰しも
「でかい魚を釣りたい!」
という思いは、あるのだよねぇ。

「型より数」
なんていっている自分も、本音は・・・あははは。

 | HOME |